翻訳サービスの言語は

翻訳サービスの言語ですが、最も多いのはやはり間違いなく英語です。

ところが最近では英語以外の翻訳サービス需要も決して無視できるようなものではなくなってきています。街を歩いてみるとそれを肌で感じているような人も多いのではないでしょうか。昔は、街中で見かける外国語と言えばほぼ完全に英語だけだったでしょう。ところが最近は様相が異なります。英語に加え、韓国語や中国語で案内が併記されている標識、看板、案内のようなものを見かけることが非常に多くなっているはずです。

街中でこのように韓国語や中国語を見かけるようになったのは、もちろん観光客の増加と無縁ではありません。日本はいま外国人観光客の誘致に力を入れています。欧米からの観光客も少なくありませんが、やはり距離的な関係もあって韓国や中国の人が多く、利便性向上のためにはそのような標識や案内に力を入れざるを得ないわけです。

もちろん簡単な標識や案内であれば辞書を引けば翻訳可能で、わざわざ翻訳サービスを利用するまでもないことが多いかもしれませんが、これはあくまで目に見える一つの例を挙げただけで、いわば氷山の一角です。簡単な標識や案内が増えている裏では、それなりに長文の翻訳を必要とする需要が増えていることは間違いなく、そのようなケースではどうしても翻訳サービスに頼ることになるでしょう。何しろ、英語とは裏腹に、韓国語や中国語に関しては少しなら分かるという人でさえほとんどいないからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *