翻訳サービスの技術向上は進化の一端に過ぎない

現代技術の進化には著しいモノがありますが、その中で翻訳サービスの進化はその象徴的なものであったといって良いかもしれません。

それまでお茶の間のお笑いネタを提供し続けていた翻訳サービスがいきなり日常会話レベルであれば、問題なく使用出来て、プロの翻訳の仕事をする人よりも正確に翻訳をすることが出来るぐらいのサービスになったのはつい最近の事でした。今では旅行者が当たり前のように使用するのがこの翻訳サービスになっています。

この技術の進化をもたらしたのがAIという人工知能の技術なのですが、これは開発者ですら出来ない事をコンピューターが自分で経験を積んで学ぶという事をすることで出来るようになるというシステムが組み込まれているのが特徴的です。開発者はコンピューターに学ぶという事を指定するだけで、後は勝手にコンピューターが学んで自分を成長させていくという事をするだけなので、経験によって開発者も分からないような成長をしてしまうことが出来るというわけです。

開発者は翻訳のスキルを持っていなくても、全く問題は無くてデータとして翻訳のデータを与える事が出来れば、それでAIが翻訳のスキルを獲得していく事が出来るようになるというわけです。この技術の凄いところは開発者のスキルではなく与えるデータによっていくらでも技術を獲得させることが出来るという事でしょう。その為、これから開発が期待されている自動運転などでもこの技術が導入されていて、近いうちに自動運転もするようになると考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *