翻訳サービスの言語について

翻訳サービスの言語では依然として英語がメインであることは間違いありません。

サービスの種類にもよるでしょうが、全体の少なくとも7割から8割、場合によっては9割以上が英語から日本語、あるいは日本語から英語への翻訳でしょう。ところが、大半を占める英語の陰で着実に伸びている言語があります。それは中国語と韓国語です。世間一般でもこの2つの言葉を目にすることが多くなったと思っている人は多いでしょう。中国人や韓国人の観光客の増加が背景にあります。

もちろん欧米人の観光客も増えていますが、割合としては少ない上に、欧米人は英語を母国語とするか、あるいは母国語ではなくてもさほど支障なく使える人も多く、英語だけでも問題は少ないです。反面、中国人や韓国人はその絶対数が多いです。彼らは、平均的に言えば日本人よりは英語ができる人が多いのは事実でしょうが、何しろ数が多いので母国語である中国語や韓国語しかできない人の絶対数も多くなります。

このような理由で、中国語や韓国語の翻訳サービスが必要とされることが多くなっているのです。ですから、多少なりとも中国語や韓国語に覚えがあるというような人はある意味でチャンスです。翻訳サービスはアルバイト的に働く働き方も可能ですから、言ってみればちょっとした小遣い稼ぎ程度には十分になるかもしれないからです。興味を持った人がいれば、インターネットで翻訳サービス会社を検索してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *