海外ビジネスはオフィス外の翻訳サービスを活用

海外ビジネスを展開する中で重要なのが言語です。

現地語での情報提供が必須だとわかっていてもオフィス内で人材を確保しておくことは大変です。特に英語以外の言語は、義務教育で習っていないのでオフィス内に話せる人がいるかもわかりません。そんな時は外部の翻訳サービスを活用しましょう。外部に委託することで人材不足は解消できると同時に、品質の向上も期待できます。経験のある人に担当してもらえることで、同じような言い回しや多用される言葉などは統一性を保って翻訳してもらえます。

ビジネス上で翻訳サービスを活用するときに重要なのは、その会社の実績です。自社と同じ分野の翻訳を経験しているどうかは、品質に大きく影響します。言語によっては実績の乏しい分野もありますが、何らかの共通点があるものを経験していることでその違いは変わってきます。例えば電気を使うものや材料系のもの、科学的なものなどの情報など大きなくくりでも構いません。

または契約書なのか取扱説明書なのかと言う目的の違いも関係しています。オフィス内でその言語を知っている人がいない場合、成果物を信じるしかなくなり、大変不安です。翻訳サービスの規模などではなく、どのようなビジネス上の経験を積んでいるか、もしくはどれだけの期間でそのサービスを提供しているのかなどが判断材料となります。前回の翻訳結果があれば、日本語に逆翻訳してもらうことで力量を評価することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *