ビジネスで翻訳サービスオフィスを使うには

ビジネスの場合での翻訳の場合には、守秘義務と納期厳守を保証している翻訳サービスオフィスを選ぶ事が必須です。

例えば英語などの文章ですがビジネスの内容によっては個人情報が満載されている事もあります。部外秘にしなければならない様な物を部外者に見せる事になる以上、契約の時点で守秘義務を保証している所以外ではリスクが出てきます。納期についても翻訳サービスで雑になってしまっているオフィスもありますので。ビジネスである以上、時間は厳守してもらわないと痛手となります。

それを避ける為にはやはり保証してもらう必要があるという事です。必須では無いですが、翻訳が欲しい言葉を使うネイティブのチェックと、翻訳者との話し合いが可能であったりするとベストになります。翻訳サービスオフィスが得意とする専門分野のチェックも忘れない方が良いポイントになります。例えば医学系論文専門のオフィスに演劇系のものを頼んでも良い結果にはなりません。それぞれが得意とする分野はオフィスごとに相当に違っていますし細分化されているケースもあります。

料金についても一文字を一円計算にしている場合から、文章を一つにつき五千円などという事になっている場合等様々分かれています。場合によっては、語学の勉強中の学生による翻訳アルバイト系のサイトもあったりしますので、その辺の事情も考慮した上で最適の所を選び依頼をした方が安定します。場合によっては二社に依頼し、良かった方を選択するなどの方法を考えておくリスク回避法もありますので、その辺も考慮しておくと良いかと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *